So-net無料ブログ作成
検索選択

イグノーベル賞 2012 [ニュース]

イグノーベル賞 2012を日本人が受賞しました。

イグノーベル賞 2012の音響学賞を受賞したのは、
情報技術研究部門 メディアインタラクション研究グループ 栗原 一貴 研究員と
独立行政法人 科学技術振興機構 さきがけ 塚田 浩二 研究員です。

二人は、米国東部時間の2012年9月20日、
ハーバード大学(米国マサチューセッツ州)の
サンダーズシアターで開催されたイグノーベル賞 2012の
授賞式に出席しました。

今回、二人が受賞した研究は、
聴覚遅延フィードバックを利用した発話阻害の応用システム「SpeechJammer」
というものです。

イグノーベル賞は、1991年に、
雑誌編集者のマーク・エイブラハムズが創設した
「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」を対象にした賞です。

発話阻害の応用システム「SpeechJammer」は、
簡単に言えば、話している人を話せなくするというものです。

話している言葉を、数百ミリ秒程度遅れて、
話者にフィードバックすると、
発話が阻害されるという現象です。

話している人を黙らせる効果があるんですね。

この研究は、人間のコミュニケーション能力の向上という
コンセプトに基づいたものだと主張しています。

しかし、話している人を黙らせることに
何の意味があるのかと疑問に思いました。

詳しく調べてみると、
話すという行為の中で、
マナーなどを向上させるようなシステムに
応用できる可能性があるということです。

つまり、悪い発言を抑制するということです。

人間には、よく失言がありますよね。

言ってはいけないことを言って、
後で後悔することなんか、ざらにあります。

こういうことが起きないようにするための
研究だと言えます。

イグノーベル賞 2012に値する、
面白い研究だと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。