So-net無料ブログ作成
ニュース ブログトップ

栗城史多 凍傷 切断 [ニュース]

栗城史多さんが、凍傷で指数本を切断することになりそうです。


栗城さんは、エベレスト登頂に4度目の挑戦をしていましたが、10月18日にあきらめ下山しました。
彼は、過去に3回エベレスト登頂に失敗しており、今回は相当な覚悟を持っての挑戦でしたが、またしても失敗しました。
今回の挑戦で、指数本を凍傷のため切断せざるを得ない状態のようです。


下山した時、両手指、両足指、鼻の凍傷が、ひどい状態でした。
この状態をTwitterで、配信していました。


10月30日の自身のブログで、エベレスト下山後の状況を報告しています。
それによると、エベレストから帰還後、38℃以上の高熱が続いており、凍傷が重症で、手足は動かせない状態で、「左手親指と両手の指数本は、第一関節から切断することになりそうです」と綴っています。


さらに、指を失うことについては、「悲しいこと」を今の感情を語り、最後に、
「僕は、必ず復活します」と結んでいます。


エベレスト登頂というのは、栗城史多さんでさえ難しいものなんですね。
空気の薄さや寒さと戦わなければならないんですよね。
命まで危険にさらすことになるのに、なんで挑戦するんでしょう。
登山家の宿命みたいなものなのかもしれません。


栗城さんも、今回の指の切断で、登山家としてだけではなく、日常生活も不自由になつはずです。
そういう危険性と引き換えに、冒険に挑戦するんですね。
登山家というのは、そういうものなんですかね。


彼らにとって登山とは、恐怖より好きという気持ちが勝っているんだと思います。
栗城さんも、指を切断することになっても、何らかの方法を考え、また、挑戦するでしょう。


ここまでして挑んだエベレストの登頂に、いつか成功してほしいです。
栗城さんの勇気を賞賛します。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

堀内亜里 虐待 逮捕 [ニュース]

堀内亜里(あさと)容疑者が、
長女を虐待して死亡させた容疑で
逮捕されました。

広島県警は、堀内亜里を
傷害致死の疑いで緊急逮捕しました。

堀内亜里容疑者は、11歳の小学校5年生の長女に
殴る蹴るなどの暴行を加え、
死なせたようです。

堀内亜里は、警察の調べに対し、
容疑を認めているようです。

10月1日午前11時頃、
堀内亜里容疑者の自宅で、
長女の唯真(ゆま)さんの
頭や腹を殴ったり蹴ったりしたとのことです。

その後、堀内亜里容疑者と唯真(ゆま)さんは、
軽乗用車で東広島市の堀内容疑者の母親宅に
向かったそうです。

その途中で、唯真(ゆま)さん様子がおかしいことに気づいた
容疑者は、東広島署西高屋交番に届け出ました。

唯真(ゆま)さんは、車内でぐったりしていたそうです。

救急車で病院に搬送しましたが、
午後2時半頃、死亡が確認されました。

広島県警は、唯真(ゆま)さんの死因を調査しており、容疑者が暴行を加えた原因を追及しているようです。

堀内容疑者と唯真さんは、母娘の2人暮らしだったそうです。

広島県こども家庭課によると、以前にも、
堀内亜里容疑者の虐待があったようです。

唯真さんは、2011年3月まで、
児童養護施設に入所していたそうです。
その後、堀内亜里容疑者のもとに
戻ったそうです。


なんとも悲しい事件ですね。

自分の娘を死に至らしめた、
堀内亜里容疑者の罪は重いと思います。

しかし、彼女の悲しみもまた、
想像を絶するものだと思います。

虐待の事実があったとしても、
殺意を持って自分の娘を
殴ったのではないと思います。

自分の感情をコントロールすることができなかったのでしょう。

亡くなった唯真さんの思いは、
想像することさえできません。

なんと悲しい出来事なのでしょう。

このような事件を今後、根絶するために
国や県はもっと力を注ぐべきだと考えます。

今回の事件でも、
堀内親子には虐待にいたる
何らかの原因があったと推察できます。

経済的な面や父親がいないということなど、
いろいろな原因が重なって、
今回の事件がおきたと思います。

今回のような事件やいじめによる自殺などを
なくすために、政府はもっと真剣に取り組むべきです。

虐待やいじめに対処する機関を整備して、
徹底的に根絶すべきです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

台風17号 2012 予想 [ニュース]

台風17号 2012 予想です。

台風17号は、9月26日0時現在、
フィリピンの東海上にあります。

中心気圧 905 hPa、最大風速 55 m/s、
最大瞬間風速 80 m/sという
猛烈な台風です。

台風17号は、9月27日には、
さらに強さを増し、
中心気圧 895 hPa、最大風速 60 m/s、
最大瞬間風速 85 m/s
になる見込みです。

9月28日21時には、
沖縄の南海上に達します。
台湾の南東海上です。
この時点でも
中心気圧 900 hPa、最大風速 55 m/s、
最大瞬間風速 80 m/s
という猛烈な勢力を保っています。

気象庁の発表は、ここまでです。

しかし、米軍の予報によると
台湾に向かっていた
台風17号が9月28日に、
北東に進路を急激に変えます。
そして、沖縄本島に向かいます。

9月29日(土)12時に、
沖縄本島を直撃する予定です。

その後、与論島、沖永良部島、徳之島、
奄美大島の奄美諸島に沿って進みます。

9月30日12時には、
九州鹿児島の南東海上に達する見込みです。

奄美諸島や沖縄地方では、厳重な注意が必要です。

8月下旬からこの地方には、
台風15号、16号が立て続けに襲来しました。
被害も相当出ています。
どちらも非常に強い台風でしたが、
台風17号は、さらに強い勢力を保ったまま
接近する可能性が強まっています。

台風が接近するまでに、
十分な対策をしておく必要があります。

それにしても、このような猛烈な台風が
3つも立て続けに襲来することは、
これまでなかったことです。

これは、地球温暖化による
大きな気象変動の影響だと思われます。

今後、温暖化に伴い、
台風が非常に強い勢力を保ったまま
九州など日本本土に上陸する可能性もあります。

台風に対する防災対策も、
今から準備しておくべきだと考えます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

イグノーベル賞 2012 [ニュース]

イグノーベル賞 2012を日本人が受賞しました。

イグノーベル賞 2012の音響学賞を受賞したのは、
情報技術研究部門 メディアインタラクション研究グループ 栗原 一貴 研究員と
独立行政法人 科学技術振興機構 さきがけ 塚田 浩二 研究員です。

二人は、米国東部時間の2012年9月20日、
ハーバード大学(米国マサチューセッツ州)の
サンダーズシアターで開催されたイグノーベル賞 2012の
授賞式に出席しました。

今回、二人が受賞した研究は、
聴覚遅延フィードバックを利用した発話阻害の応用システム「SpeechJammer」
というものです。

イグノーベル賞は、1991年に、
雑誌編集者のマーク・エイブラハムズが創設した
「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」を対象にした賞です。

発話阻害の応用システム「SpeechJammer」は、
簡単に言えば、話している人を話せなくするというものです。

話している言葉を、数百ミリ秒程度遅れて、
話者にフィードバックすると、
発話が阻害されるという現象です。

話している人を黙らせる効果があるんですね。

この研究は、人間のコミュニケーション能力の向上という
コンセプトに基づいたものだと主張しています。

しかし、話している人を黙らせることに
何の意味があるのかと疑問に思いました。

詳しく調べてみると、
話すという行為の中で、
マナーなどを向上させるようなシステムに
応用できる可能性があるということです。

つまり、悪い発言を抑制するということです。

人間には、よく失言がありますよね。

言ってはいけないことを言って、
後で後悔することなんか、ざらにあります。

こういうことが起きないようにするための
研究だと言えます。

イグノーベル賞 2012に値する、
面白い研究だと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

発電エコカー [ニュース]

発電エコカーとは、

二酸化炭素(CO2)を一切排出しない燃料電池車のことです。

究極のエコカーとも言われています。

8月24日、経済産業省は、

発電エコカーの早期普及を図るため、

燃料の水素を供給する設備の開発支援費を

来年度予算に概算要求する方針を固めました。

発電エコカーの普及の鍵を握るのは、

燃料となる水素ステーションの整備です。

このため、水素供給設備の低コスト化を支援するのが目的です。

東京電力福島第1原発事故で、

政府は脱原発を進める方針です。

脱原発で、これまでの原発で賄ってきた電力を

再生可能エネルギーと火力発電で充当する計画です。

火力発電を増やすとCO2排出量の増加が懸念されます。

この問題を解決するため

発電エコカーの早期普及を図るものです。

発電エコカーは、燃料の水素ガスと空気中の酸素を

反応させ動力として利用します。

排出するのは水だけです。

発電エコカーが市場に出回るのは、

2015年ですが経済産業省はそれまでに

水素ステーションを

首都圏や関西、中部、九州の4大都市圏に

100カ所程度整備する計画です。

この発電エコカーの普及に対して

国が資金を投入するのは、

とても良いことだと思います。

世界に先駆けて日本がこういう努力をするのは、

あとあと日本が世界に貢献できる基礎になると思います。

東北大震災の経験を生かすためにも

こういった取り組みを継続して欲しいものです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

小郷知子 結婚 [ニュース]

小郷知子が結婚していたんですね。
小郷知子は、NHKのアナウンサーで
NHK総合「NHKニュース7」(月~日曜・後7時)の
土、日曜のメーンキャスターを務めています。
小郷知子アナウンサーが結婚したのは、
今年の7月頃のようです。
結婚相手は、小郷知子アナと同じ34歳の
大手映画会社の社員だそうです。
とても誠実で、まじめな男性のようですね。
小郷知子アナは、
東京都出身、
早稲田大学商学部卒業、
2002年にNHKに入社しています。
とても素敵なアナウンサーだと思っていました。
落ち着いた話し方も好印象ですね。
いかにも知性がありそうで上品です。
中学時代には、陸上をやっており、
砲丸投げとハードルをやっていたそうです。
ちょっとイメージは違いますね。
早稲田大学在学中には、
東京きものの女王にも選ばれています。
いろんな経歴の持ち主ですね。
それが彼女の人間性の幅を広げているのだと思います。
知性や教養があるだけでなく、
人間性も良くなければ、
彼女のような有能なアナウンサーにはなれないでしょうね。
今後、どうするのか興味深いですね。
子供ができたら、産休をとるのでしょうか。
そうなったとしても
退職しないでアナウンサーを続けて欲しいですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
ニュース ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。