So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

発電エコカー [ニュース]

発電エコカーとは、

二酸化炭素(CO2)を一切排出しない燃料電池車のことです。

究極のエコカーとも言われています。

8月24日、経済産業省は、

発電エコカーの早期普及を図るため、

燃料の水素を供給する設備の開発支援費を

来年度予算に概算要求する方針を固めました。

発電エコカーの普及の鍵を握るのは、

燃料となる水素ステーションの整備です。

このため、水素供給設備の低コスト化を支援するのが目的です。

東京電力福島第1原発事故で、

政府は脱原発を進める方針です。

脱原発で、これまでの原発で賄ってきた電力を

再生可能エネルギーと火力発電で充当する計画です。

火力発電を増やすとCO2排出量の増加が懸念されます。

この問題を解決するため

発電エコカーの早期普及を図るものです。

発電エコカーは、燃料の水素ガスと空気中の酸素を

反応させ動力として利用します。

排出するのは水だけです。

発電エコカーが市場に出回るのは、

2015年ですが経済産業省はそれまでに

水素ステーションを

首都圏や関西、中部、九州の4大都市圏に

100カ所程度整備する計画です。

この発電エコカーの普及に対して

国が資金を投入するのは、

とても良いことだと思います。

世界に先駆けて日本がこういう努力をするのは、

あとあと日本が世界に貢献できる基礎になると思います。

東北大震災の経験を生かすためにも

こういった取り組みを継続して欲しいものです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。